マイホームを買うなら優良な不動産会社に相談するべし

住宅の購入手続きなど

マンション

本契約前に住宅診断する

中古マンションを杉並区に購入するのは、新築マンションと違ってすぐに部屋を見る事が出来ますし、部屋も価格も納得がいけば割とすぐに契約出来るので手続きは比較的簡単です。 もし杉並区に気に入った部屋が見つかったら、本契約の前に購入申し込みを済ませてから、杉並区の中古マンションを購入するにあたって住宅ローンの仮審査に入ります。そして、このタイミングで住宅診断を入れて下さい。なぜなら中古物件ですから瑕疵などがあるかもしれませんし、これから将来どの程度のリフォーム代金がかかるのかを知っておくのは、決して損にはならないと考えられるからです。杉並区にも住宅診断の業者がいますから調べてみて下さい。 事前審査を通過したら本契約に入りますが、契約日当日では契約書や重要事項説明書の内容をじっくり読み込むような時間はありませんから、事前に不動産会社に言って取り寄せて内容を確認しておいてください。何千万円という単位の契約になるのですから慎重になりましょう。本契約が済んだら今度は住宅ローンの本審査になりますが、事前審査と違って時間がかかる事も多いのであまり気を揉まないようにしましょう。 本審査が通ったら金融機関と契約を結びますが、この3〜4日後に実際に融資が行われます。融資が行われたら中古マンションの残金を支払って引き渡しとなります。これらの手続きを済ませれば中古マンションはあなたのものになります。住宅の所有権移転登記なども忘れずに行いましょう。