機密文書の処分方法を徹底しよう|重要な情報を外部に漏らさない

秘密の文書

男性

どうしてますか

一昔前と比較すると、インターネットが普及して、データでのやりとりが増えています。資料もデータで保管する事が多いかと思います。しかし、まだまだ紙ベースでの機密文書は存在します。企業レベルで考えても、その保管は重要ですし、その処理もまた、重要といえるかと思います。機密文書の中でも極秘文書、秘文書はもちろんの事、社外秘の文書も社外へと流出しては困る訳ですから、その処理は重要と言わざるをえません。一般的には、シュレッダーのような物を使用し、処理する事が多いようですが、それとは違った方法もあります。それが、文書の溶解という処理方法になります。社外秘レベルの文書ならともかく、極秘文書や秘文書になると、社内の人間でもなかなか見る事ができません。また、セキュリティの観点から、ネットでの管理を避ける場合もあるようです。その機密文書を、業者に依頼、もしくは企業内で、溶かしてしまう方法になります。もちろん、その企業が機密文書の溶解を自社で実施する事は可能です。ただ、企業内の人間に仕事を任せなければいけないケースも出てくるかと思います。その場合は、専門の業者に仕事を依頼した方が良いかもしれません。いずれにせよ、その企業の考え方が重要になってくるかと思います。機密文書をどのように処理するか、漏洩等のリスクも考慮すると、企業の存続にも関わる問題になります。その処理方法は様々ですが、慎重に決定する必要がある問題でしょう。

Copyright© 2017 機密文書の処分方法を徹底しよう|重要な情報を外部に漏らさない All Rights Reserved.